ジャパネットたかた の紹介

ジャパネットたかた

ジャパネットたかた の検索結果


【ジャパネットたかた】のおすすめ

1986年1月に現社長で創業者の高田明が、1971年に大阪経済大学経済学部を卒業後、
別の民間企業への就職を経て、1974年に入社した実父の経営するカメラ販売店
「有限会社たかたカメラ」から、独立し設立した「株式会社たかた」が前身。
そして、1999年現社名に変更。この現社名は「日本全国ネット」という
「ジャパンネット」ではインパクトがなく、「ジャパネット」
で社長が納得したことからつけられた
(社長が出演したテレビ番組、カンブリア宮殿にて)。
会社の建物は、佐世保市三川内町に現存している。
1990年代に入り通信販売事業を展開(1990年ラジオ通販開始。
1994年テレビ通販開始)。テレビ、ラジオ、新聞の折込広告などの
メディア戦略で通信販売業のトップに君臨する企業に成長していった。
特にテレビ通販の場合、タレントとともに社長自らも出演し商品を誠実さを
強調した独特の口調で判りやすく解説することで購買意欲を高めた。
社員の平均年齢は27-28歳。長年、地元の高校生を中心に雇用してきたが、
規模の拡大に社内組織が追いつかず、最近では全国規模での採用を始めている。
2006年度の売上高で長崎県内トップとなり、
長崎県内の企業で初めて1000億円を超えた。


以下 /無料で現金やウェブマネーなどがもらえる/ はこちら↓


Sponsored link

【お得な情報】

無料で現金やウェブマネーなどがもらえる
げん玉という会員数100万人の大人気ポイントサイト。安心、確実、300円から換金。

げん玉とは
げん玉とはサイトコンテンツにてポイントを貯めていき、そのポイントを現金などに換金できるサイトです。げん玉はネット副業初心者の方でも安心・簡単に稼ぐ事ができます。げん玉へ新規登録初日で2000円ほど稼ぐ事もできます。

★登録前のワンポイントアドバイス→げん玉を含めポイントサイトへ登録する際はメール受信数の増加を考え、なるべくフリーメール(Yahooメール等)を利用しましょう。


【げん玉を攻略】

@登録が終わったらまず「すぐゲッチュ!」のコーナーへ行きます

ここのコーナーは0〜5分くらいでポイントが反映されるのですぐ貯めやすいです そんなに多い量ではないので全部登録できると思います

約1時間後

Aこんな感じになります

10p=1円計算なので1時間でおよそ2000円分のポイントを稼ぐことができました。


又、トップページにあるサービス一覧を見ると数百個のサービスがあります

この中の半数以上は無料会員登録なのでそれら全部に登録したらかなりのポイントを得ることができる様です

(私の某友人は実践してランキング上位に載るほどポイントを集めていました)

なので毎日何十個登録する、と決めて何日間かやると良いようですね


Sponsored link


通販 ショッピング の紹介ファッション 通販 の紹介

ウェブマネーの紹介




 
 

合計:無料カウンター 本日:セフレ 出会い 昨日:無料 出会い系 無修正web制作結婚情報熟女ゴルフ会員権

Copyright (C) 2007 moscot All Rights Reserved.

ジャパネットたかた

ジャパネットたかた

ジャパネットたかた

ジャパネットたかた
ジャパネットたかた

ジャパネットたかた 高田 テレビショッピング テレビショッピング以外でも ジャパネットたかたのお買い物ができることを知っていました 当サイトは、ジャパネットたかたの応援紹介サイトです。 「ジャパネットたかたで買い物をしてみたい!」という人にとって公式サイトでは得られない、有益な情報を発信していきます。 テレビショッピングでもおなじみの「ジャパネットたかた」について、公式サイトとは違った視点から紹介する非公式応援サイトです。 ジャパネットたかた(ジャパネットたかた)は、長崎県佐世保市に本社のある通信販売業最大手企業である。 左側のメニューから、興味のあるページにアクセスしてみてください。 「ジャパネットたかた」の特徴は社長自ら出演するテレビショッピングですが、実はほかにも「ラジオ」「インターネット」「新聞広告」などからでも、商品を購入することができるのです。 セットで買うと大変お得な、「ジャパネットたかた」の独自の世界をご堪能ください。 ジャパネットたかたで扱っている商品はすべて、公式サイト「ジャパネットたかたメディアミックスショッピング」で購入できます。 また、ジャパネットたかたとのアフィリエイト提携によって運営されている複数のサイトでも、同社で取り扱っている商品の紹介がされています。 現在、テレビショッピングのMCは高田社長のほか、ジャパネットたかた社員の塚本慎太郎と中島一成が務めている。また8月12日の放送からは本多由美子も加わった。民放の地上波・BS各局で放送されるテレビショッピングではこの4人を中心に、月に数回、取扱商品を変えて放送する。CS放送のスカイパーフェクTV!では自社テレビ局「ジャパネットスタジオ242」を開設。塚本、中島をメインに1人の男性MC(浦川康介)2人の女性MC(平田奈緒美・本多由美子)を加えて放送を行っており、CS放送に高田社長が登場するのは年数回程度。 当初テレビショッピングの収録には福岡市にあるスタジオを使用していた。しかし制作会社に頼むと1ヶ月かかるため、 高田社長のコメントによると「スピードの速い今の世の中で1ヶ月は時間がかかりすぎる」ため、迅速に放送ができるように佐世保市の本社敷地内にテレビスタジオを設置した。通販番組を全国の各放送局に配信するためのテレビ番組制作用スタジオが3つとラジオ番組制作用スタジオがある。また専用中継車も所有し、2007年6月より運用を開始した。高田社長をイメージして作ったキャラクターミスターJは、同社のテレビショッピング番組のオープニングにCG化された“ミスターJ”がダンスをするシーンで有名。同社キャンペーン用の携帯ストラップとして商品化されている。 高田社長の真骨頂は、「曲内蔵マイク型カラオケ」デモで、自ら熱唱することである。愛唱歌は沖縄民謡「十九の春」。ちなみに同商品には採点機能がついており、2005年11月22日の長崎国際テレビほかネット放送回において、初の百点満点を記録した。社長は得点表示の瞬間、画面を見たまましばらく固まったが、その後は喜びを爆発させている。この曲は、歌詞も短く、音程の上がり下がりも少ないので高得点が出やすいため選ばれたと思われる。 [編集] 特徴 同社のテレショップの特徴としては、分割払い(ショッピングクレジット)で発生する金利手数料を同社が全面負担し、消費者の負担を極力抑えて買い物を楽しんでもらえるようにすることが挙げられる(業界では異例。週刊オリラジ経済白書(2007年5月22日放送分)によると2006年の負担額は46億円)。また、毎年年末(11月-12月)には1年間の利用に感謝するための企画として「利益還元祭」と題したイベントが行われ、購入者にはもれなく応募用紙が同封され、それに必要項目を記入して送付すると旅行やギフト券などが贈呈される(内容は年度ごとに異なり、2006年はハワイ旅行)。 コールセンターは大半が佐世保市の本社に集約されている(福岡市の支店でも一部行っている)。自社の社員が顧客からの電話を受けるなど、業務のアウトソーシングをせずに自社で業務を完結させることをモットーとしている。ちなみに上記の番組でフリーダイヤル通話料の負担額は年間2億5千万円である事も公表された。 未だ東京から放送されていると勘違いしている視聴者は多く、あとで佐世保から放送していると知り驚く視聴者はかなりいる。 配送センターも佐世保市の本社に集約し、原則としてすべての商品は佐世保市から発送している(これも異例)。地理的に西に寄りすぎているため配送コストはかかるが、トレンドを先読みして約1ヶ月サイクルで取り扱い商品を変えるという手法から、各地に配送拠点を設置してバラバラに集約するよりも管理効率が良い。時代のスピードに合わせた手法といえる。 2006年12月1日にスタジオの送信設備をハイビジョンマスターに更新。現在、地上波ではスポットCMなど録画のものがハイビジョンで視聴可能だが、生放送についてはテレビ各局との回線の都合により、一部番組を除き標準画質のままである。 公式サイト「ジャパネットたかたメディアミックスショッピング」には、ネット販売のみの商品も掲載されているので要チェック。 毎日更新される新着商品情報はもちろん、セールや企画のコーナーも頻繁に更新されるので、お見逃しなく。 類似商品をじっくりと時間をかけて比較検討したい方、商品の詳細を確認して購入したい方にも、ゆっくり眺められるネット通販は便利です。 同社で扱っている全商品の中から希望の商品を探したり、「新着商品」「定番商品」といった中から検索したり、キーワードで検索したりと、商品検索の方法もいろいろ。Webカタログの閲覧もできます。 メールマガジンに登録すれば、セール情報などをいち早く入手! 1994年に開始されたジャパネットたかたのテレビショッピング。 番組には、高田社長とジャパネットたかたの社員が出演し、視聴者の購買意欲を刺激する独特の語り口と洗練されたゼスチュアによる分かりやすい説明で商品を紹介しています。 見るとついほしくなる、とか、買うつもりはなくても番組を見るのが好き、という人も少なくないとか。 民放地上波、BS、CSそれぞれで放送があり、収録番組の放映を基本に、一部では生放送も行っています。 番組は、自社の専用スタジオを使用し、自社スタッフによって制作。 地上波およびBS各局で放映されるテレビショッピング番組では、月に数回、取り扱い商品が変わります。 CS放送のSKY PerfecTV!には、ショッピング専門チャンネル「ジャパネットスタジオ242」が設けられています。 ちなみに、テレビショッピング番組のオープニングで踊るCGキャラクター「ミスターJ」は、高田社長をイメージして作られたもの。 ジャパネットたかたの特徴 「コジマショッピングTV」や「ヤマダ電機TVショッピング」などの家電量販店系を除いたテレビショッピングではなかなか取り上げられない、前身の家業(ソニー特約店)だった大手メーカー各社製の音響機器・映像機器や白物家電と、パソコン・デジタルカメラなどの情報機器の商品を得意とし、同社の売上主力品目となっている。 このほか、先の「曲内蔵マイク型カラオケ」をはじめ、他社のテレビショッピングにありがちな鍋などの日用品、カーナビ(三洋電機の「GORILLA」・松下電器のストラーダ)やメンテナンス用具などのカー用品、キーボード・ジッポー・時計・高圧洗浄機・剪定ハサミなどの趣味・実用品、ローヤルゼリーやフィットネス器具など、多岐にわたって登場する。 また「ジャパネットスタジオ242」では、ラジコンカーや仮面ライダーベルト、更には「12分の1スケールガンダム」(約35万円)などの大人向ホビー商品も実演をまじえ紹介される他、中古品を紹介するユーズドセールなども行なわれる。また季節ごとの長時間の生ライブ放送などの企画があるのも特徴。6周年記念を迎えた2007年には、3月24日21時より、翌25日の21時までテレビショッピングでは異例の「24時間生ライブ放送」を行なった(25日の21時以降はリピート放送として3月いっぱいまでおこなわれた)。このときは通常のMC陣に加えて、普段は企画・営業・番組制作などに携わっている各部署の社員からも数名、MCとして特別参加した。 他社では大手メーカーの取扱が有ってもビデオカメラなどでは品目が少なく、それ以外は日立リビングサプライ・三洋ハイアールなど海外生産が主な日系メーカーの家電製品の取扱がほとんど。 大手家電量販店と販売が競合する薄型テレビやパソコンなど、商品によっては送料とポイント還元など加味すると量販店の方が安い。最近では下取りによって値引きしたり、セットをつけたり、分割金利手数料無料などを行い価格は一概に高いとまではいいきれない。 下取りした製品(カメラ類など)の一部は、公式サイト内のインターネットショッピングで販売されている。 ブレイクした2003年以降、ビジネス誌や週刊誌など雑誌の特集内で価格比較が掲載されたりした。 パソコンに関しては、通常のメーカーカタログ掲載モデルではなくメモリやハードディスクを変更した独自モデルを扱うことが多く、それらは通称「ジャパネット仕様」と呼ばれている。 [編集] 出演者 かつては高田社長とタレント(特にダチョウ倶楽部が多く、出演者は佐世保市の自社スタジオに呼んでいた)が共演して商品を紹介していたが、現在ではCS・地上波放送とも前記の通り塚本がメインで喋っている。「主婦のアイドル」とも言われている。 元々塚本はジャパネット社内で企画関係、中島はカメラマンの仕事をしていたが、高田社長が抜擢した。 [編集] ゲスト 通販番組に出ているタレントは、仕事が少ない人という印象が多いが、この番組はそういう印象を受けないキャスティングをしていた。 ダチョウ倶楽部 商品説明に逐一大袈裟なリアクションをとり、場を盛り上げた。 (WEGA紹介時では、よく番組に登場する肥後克広が「ベガ」と喋る高田社長の真似をしている) モト冬樹 岡部玲子 定岡正二 桑野信義 カラオケの紹介をする時は、ラッツ&スターの曲や鈴木雅之の曲を歌っている。 森川由加里 トミーズ雅 スタジオが暗くなった瞬間、ゲストで共演していた大東めぐみを抱きしめた。 セイン・カミュ 大東めぐみ 宮前真樹 宇梶剛士 ぜんじろう ほか多数 なお、後述の個人情報漏洩事件以降、タレントのキャスティングは原則としてなくなった(商品に関するゲストタレントが年に何人か(中村泰士、平尾昌晃、神尾米など)出る程度)。 2007年6月9日読売テレビで放送された「小枝の夢のショッピングツアー」では、桂小枝、大桃美代子、ランディーズがジャパネット本社に行き、ジャパネット社員と大縄跳び等のゲーム対決をした(もちろん番組内でジャパネットテレビショッピングもあった)。 [編集] 個人情報漏洩事件 2004年3月9日、利用者の顧客リストが流出する事件が発覚、最終的に51万人分の顧客リストが外部に流出していた。持ち出したのは元社員で別の元社員と共謀して容疑に及んでいた。ほかにも長年にわたってパソコンやビデオカメラなど約4,200万円相当の商品が盗み出されていた。 この事件により、一連の広告活動や商品の販売を同年4月24日までの間自粛せざるを得ない事態に陥った(CS放送でも同期間テレビショッピングの放送を休止し、終日環境映像を流していた)。この時高田社長は会社清算も考えていたという。その1か月半の間でおよそ150億円の減収になったと報じられた。 一方、事件発覚後の同社の被害者への対応は非常に素早く、事件が発覚した3月9日より同月12日まで毎日、またその後は事業再開まで1週間毎に謝罪と報告を繰り返した。これは、2005年4月1日より個人情報保護法が事業者にも適用されるのに伴い、漏洩後の事業者の模範対応例と言われており、この事件で同社または高田社長に対しては非難されるどころか、逆に高く評価されるに至った。 また、この事件が発覚するまで社員が大量の商品を盗んでいたことに気付かないなど、同社が家族経営時代から抜け切れないままのずさんな管理体制も明らかになった。優秀な中間管理職不足を痛感した高田社長は、それまでの「地元」「生え抜き」へのこだわりを転換。中途入社や全国採用を始めることになった。 なお、この元社員は窃盗容疑により警察に逮捕され、2004年12月に長崎地方裁判所佐世保支部で執行猶予付きの有罪判決を受けた。また、2007年4月にジャパネットたかたはこの元社員に対し1億1千万円の損害賠償請求を長崎地裁佐世保支部に起こしている。 [編集] ワンナイR&R・王シュレット事件 2003年8月、フジテレビ「水10!ワンナイR&R」で、ジャパネットたかたをもじった通販コント「ジャパネットはかた」でTOTOの看板商品である「ウォシュレット」を、福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)監督の王貞治をモチーフにした「王シュレット」にして放送されたため、ジャパネットたかたは球団(福岡ダイエーホークス)やTOTOとともにフジテレビに対して抗議。その結果、FNS系列で同年の日本シリーズ放映権(ホークス対阪神タイガース)を失ったとされる。なお、詳細は「水10!ワンナイR&R」を参照。 [編集] キャラクター Mr.j2号(2006年-未定)は青 デスクトップくん2号(2006年-未定)は青 ビデオカメラくん2号(2006年-未定)は水色 プリンタくん(2006年-未定)は紫 テレビくん2号(2006年-未定)は青 カラオケくん(2006年-未定)は紫 電話くん2号(2006年-未定)は橙 ケータイくん2号(2006年-未定)は橙 炊飯器くん(2006年-未定)は白 シェーバーくん(2006年-未定)は水色 洗濯機くん(2006年-未定)は水色 掃除機くん(2006年-未定)は水色 [編集] 過去 Mr.j(2006年まで)は青 デスクトップくん(2006年まで)は水色 ノートくん(2006年まで)は水色 ビデオカメラくん(2006年まで)は青 カメラくん(2006年まで)は青 コンポくん(2006年まで)は青 テレビくん(2006年まで)は白 電話くん(2006年まで)はピンク ケータイくん(2006年まで)は青 ゴルフくん(2006年まで)は緑 [編集] 関連項目 テレビショッピング ラジオショッピング インターネットオークション [編集] 取扱商品関係 パソコン デジタルカメラ BIGLOBE カーナビ 薄型テレビ ローヤルゼリー ブルーベリー 高圧洗浄機 デジタルオーディオプレーヤー 洗濯機 DVDレコーダー 電気シェーバー スチームオーブンレンジ カウチソファ 電動自転車(よく高田社長がスタジオ内を乗って走る) Eneloop(三洋電機のニッケル・水素蓄電池) [編集] 番組関係 ダチョウ倶楽部 リーダー肥後克広が高田社長の物まねをよくしていた関係で、もっとも長くゲスト出演していた。 ラジオショッピング TOKYO FM「Tapestry」内 デイリーフライヤー JFNC製作。月-金13:08からラジオショッピングを放送。 TBSラジオ「ストリーム」内 月-金13:30頃からラジオショッピングを放送。 STVラジオ「ときめきワイド」内(月〜金15:30頃) ほか全国中波ラジオ各局。 日テレ NNNきょうの出来事 NEWS ZERO ポシュレ・サンデー 爽快情報バラエティー スッキリ!!(2006年10月から2007年3月まで、9時台前半に提供。高田明社長が出演。) スーパーテレビ情報最前線(2003年6月2日、「潜入!通販ワールド巨大市場の秘密公開」内で業界の風雲児・高田明社長に密着!として放送された) 「きょうの出来事」と「NEWS ZERO」ではスポンサーとして30秒CMを放送。 TBSテレビ「ぜひモノ」(月1回・30分枠化) 「16時再放送時代劇シリーズ」 「筑紫哲也ニュース23」では通常の30秒CMを放映 フジテレビ 「ワンナイR&R」(パロディーコントをやってクレームがついた番組。上記「王シュレット事件」を参照) 「チャンネルα」(月・火・水・金は一社提供または木曜のみは複数社提供) 「FNNスーパーニュース」(時々番組スポンサー。通常の30秒CMを放送) テレビ東京 「快適!ショッピングスタジオ」(毎週月曜-金曜9:28頃「朝はビタミン!」内で生放送。ハイビジョン放送。) かつてゲストで出演していた肥後が司会なので、スタジオ切り替えの時、昔のような掛け合いが見られる。 金曜日は拡大版として78分の放送。 「日経スペシャル カンブリア宮殿」(2006年10月30日放送。「テレビ通販の話術師」として高田明社長が出演。セールストークの極意を語った) 関西テレビ「ムハハnoたかじんスペシャル」(2006年8月27日放送。全国265万人の中で一番有名な社長として高田明社長がVTRで出演。長崎の本社を自ら紹介した。) 札幌テレビ放送(毎週火曜日・水曜日に生放送、木曜日はテレビショッピング(1回)で放送。) 青森放送(テレビでは毎週火曜日と一部土曜日に生放送〔RABホームページの週間番組表では発信元が「STV」となっているため、札幌テレビを経由してのネットとなっている模様〕。日曜深夜にも放送。ラジオでも月〜金曜9:40頃に放送) 秋田放送テレビ(毎週火曜日と一部土曜日の生放送。一部深夜にも放送) テレビ岩手(ほぼ毎日深夜に放送。年に数回土曜か日曜または祝日などに生放送される) IBCラジオ(ラジオ番組の1コーナーとして月曜-土曜に放送、年に数回テレビで生放送される) TBCテレビ(一部土曜日に生放送 RKB毎日放送と共に放送することが多い。) 山形放送 チバテレビ・tvk・テレ玉 毎月1回程度、群馬テレビ・とちぎテレビ・テレビ和歌山と同時生放送を行う。土曜日又は日曜日の16:35-17:30に放送する。 2007年1月4日、12:00から2時間の生放送を行った。この時は岐阜放送、びわ湖放送、三重テレビ放送、奈良テレビ放送、テレビ和歌山と同時放送。各ネット局のキャラクターグッズなどが当たるクイズ抽選会も行われた。 TOKYO MX(毎週火曜日の早朝に放送) チバテレビ等との同時生放送は年に1回程度行う。 別枠において生放送通販を行うことがあるが、2007年1月4日では上記の生放送に引き続き14:30から1時間半の生放送を行った。この時はMXの社員も出演し、MXのキャラクターグッズが当たる同じ内容のクイズ抽選会が行われた。 2007年3月までは金曜日の深夜に放送していた。 2007年4月21日(22日未明)の2:30より、地上波としては初めての深夜生放送を行った。その後、テレ玉とチバテレビも途中から飛び乗り。 信越放送(テレビ:日曜-木曜・深夜に放送、ラジオ:月曜-金曜・12:25より「わくわくワイド!!あっぱれ大通り」内で放送) 福井放送(2006年6月10日、FBCラジオ「土曜スペシャル」で佐世保本社から3時間にわたって生放送。ジャパネットたかたのテーマソングを作った恒見コウヘイも生出演) 毎日放送 ラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」の中で14時台・15時台の2回に放送されている。また不定期で番組自体を縮小して14:45から特別枠を設けて放送する場合もある。この時は高田社長もMBSのスタジオに出向く。司会者(近藤光史)との言葉のキャッチボールもあり、賑やかな展開が繰り広げられる。 その前に、「ありがとう浜村淳です」でも放送されている。但し、ジャパネット担当者がセールストークとして繰り出す製品関連の専門用語に対し、司会者もアシスタントも相槌を打つ程度で盛り上がりに欠ける印象がある。そのため最近では、担当者が司会者・アシスタントに直接話を振って反応をうかがうことが多くなったが、それでも「こんちはコンちゃんお昼ですよ!」に比べると盛り上がりに欠ける。 テレビでは毎週土曜日朝5時からの30分放送は毎日放送特定の放送である。 朝日放送 「パネルクイズ アタック25」(2002年10月から2003年3月までと2005年10月から2007年3月まで)で提供。高田明社長が出演し、番組名にちなんで、「○○の商品にアタックします!」と言う) 「にっぽん菜発見 そうだ、自然に帰ろう」(2006年10月からスポンサーに加わっている) また、毎週木曜日の「買いなび」(10;53〜11:23)や深夜にも放送されている。(この場合は「商品提供」という形で紹介される) ytv(読売テレビ)では特定放送が多い(毎週日曜日朝5時からの30分放送や、ほぼ毎日深夜に放送されている分など)。 サンテレビジョン 早朝や昼などのテレビショッピング枠で放送することがある。 また、随時サンテレビジョンとジャパネットの共同企画でハイビジョンのデータ放送やワンセグを利用したテレビショッピングを放送している。 KBS京都 日曜日の午後3時からの1時間と土曜日の午後7時からの2時間(いずれも生放送)を月1回ペースで行っている。 中国放送(月曜〜木曜深夜に放送) 広島テレビ放送(毎週土曜10:30-11:25に生放送。また毎週土曜早朝5:00-5:30に放送) 山口放送(札幌テレビ・日本海テレビと同時に毎週火曜日・水曜日に生放送、また深夜にも30分番組を放送) 山陰放送深夜番組枠で放送。また、単発(日曜日夕方)での生放送テレビショッピングも。 テレビ西日本 「情報レシピ ニジ☆ゴジ」の中で番組向け特別仕様による生放送テレビショッピングを放送している。単発(主に土曜の正午)での生放送テレビショッピングも多い。 RKB毎日放送・福岡放送・TVQ九州放送 不定期で生放送テレビショッピングを放送する。ちなみに、ジャパネットたかたは福岡市にもコールセンターを開設して、受注電話に係る負荷の分散を図っている。TVQはテレビ愛知との同時生放送(土曜16:00)が多い 長崎国際テレビ(地元テレビ局としてNNS系送信のキー局にあたる) [編集] 分割払い ジャパネットたかたの「分割払い」の申し出を行うと、次の信販会社のショッピングクレジット契約となる。 ソニーファイナンスインターナショナル セントラルファイナンス [編集] 外部リンク ジャパネットたかたホームページ inserted by FC2 system